トップ > 年代別恋愛の悩み > 20代前半の恋愛相談

20代前半の恋愛相談

20代前半の恋愛相談

20代前半になると、自分の恋愛傾向や好きになる相手のタイプ、、自分がこの先何を求めているのかなどが分かり始めてきます。
これまでの恋愛経験や出会いから、自分自身のことや、恋愛対象となる男性のことが分かり始めます。

20代前半のこの時期、最初は戸惑いを持つものです。

20代前半の方の恋愛の悩みに「好きになるということはどういうことなのかわかならい」というものがあります。

好きになった相手と同じ行動をしようとしたり、あるいは自分と似ている人を好きになったりする。
これは遺伝子の命令です。
もうすこし難しい言葉を使うと「同一化現象」といいます。
付き合った相手と同じジャンルの音楽を聴くようになったり、ファッションを相手の趣味に合わせてたり、性格が似てきたりするのです。

好きになるということは、この「同一化現象」が起こることと言えます。

人を好きになるという恋愛感情は、普段生活していて、自然に起こるものです。
無理に人を好きになろうと努力はしません。
そして、好きな人に自分を合わせる同一化現象は自然なことなのです。

20代前半の恋愛の悩みで多いものが、もうひとつあります。
それは、「愛は追うと逃げてしまうの?」というものです。

人間は誰かに好意を抱くと、PEA(フェニールエチルアミン)という物質が脳内に分泌される、と言われています。
PEAが出ている状態が、人に恋愛感情を持つようになる状態なのです。
このPEAは恋の媚薬と覚えて下さい。

しかし大事なのは、このPEAは、追い掛けられると分泌されなくなるということです。

恋愛は駆け引きが大事、と言う言葉を聞いたことはありませんか?

相手を追いかけるだけでは相手にPEAを分泌させることはできません。
押しては引く、この駆け引きは、相手のPEAを引き出すためのものなのです。

しかし、追うと逃げるとわかっていても、大好きなら追っちゃいますよね?
追わなきゃいけない時もありますが、そこが恋愛の難しいところでもあり、ステキなところでもあります。
駆け引きの見極めのうまさも恋愛上手の鍵になりますよ。

このページのカテゴリーは「年代別恋愛の悩み」です。
人はいくつになっても恋愛の悩みが尽きないものです。
恋愛の悩みは10代の思春期には人生の大きな悩みですし、大人になっても大きな悩みに違いありません。
ここでは10代から20代までの方に多い恋愛相談について述べています。
関連ページ

結婚したい女性の恋愛相談

女性が結婚に向けて意識が高まる時期が20代後半です。 20代後半の女性に多い恋愛相談のが「彼が結婚し...

20代前半の恋愛相談

20代前半になると、自分の恋愛傾向や好きになる相手のタイプ、、自分がこの先何を求めているのかなどが分...

10代の恋愛相談

好きな異性に告白するタイミングについてが、10代の恋愛相談の中でも主なもの一つです。 10代の恋愛は...