トップ > 恋愛の応用法則|男性編 > ドキドキの勘違い恋愛効果

ドキドキの勘違い恋愛効果

ドキドキの勘違い恋愛効果

 遊園地でデート、実はこれは男女の出会いを恋愛に発展させるために効果的なデートなのです。

 恋愛は、「相手をドキドキさせること」気持ちがとても効果的なのです。 人は、ドキドキしている時に近くにいる人に好意をもってしまうのです。 たとえ別の理由(たとえばジェットコースターとか、お化け屋敷とか)でドキドキしていたとしても、「この人の側に居るとなんだかドキドキする」と勘違いしてしまい、その結果、恋愛感情に発展することがしばしばあるのです。

 さらに、不安を感じてドキドキしている時に、知っている人が側に居ると安心します。 これも恋愛感情を上昇させます。 ドキドキしているときに一緒にいる、これが大切なのです。

 肝試しで一緒にペアになった男女が恋愛感情に発展するなんてこともありますが、これも同じ効果です。 つまり「ドキドキした気持ち」を意識的に作り出す心理操作なのです。

 好きな人と一緒に心霊スポットを歩くのは、恋愛には凄い効果があります。 怖さでドキドキする気持ちに加えて、女性は怖いので男性の腕を組むでしょう。 「守って欲しい」と言う気持で男性の腕にぎゅっとしがみつきます。 これは恋愛のダブル効果です。 触れる事とドキドキの両方が実現するので、二人の恋愛感情のボルテージが一気に上昇するのです。

 「触れること」と「ドキドキ」、この二つの効果は大きく、お互いに好意を抱いている場合はこれをきっかけに一気に仲が深まる可能性が大です。

 恋愛の対象ではなかった相手でも、「ドキドキの勘違い効果」によって、この先進展が見られる可能性もでてきます。

 ただし、ドキドキの心理操作には、特に男性にはちょっと注意が必要。 肝試しやジェットコースターで、相手にカッコ悪い姿を見られないように注意してくださいね。 男性の方が怖がりで頼りない姿をさらけだしてしまうと、それまでいい感じだった二人もだめになってしまうこともあります。 怖いのが苦手な男性は、無理しないでください。 頼りない男性のイメージは恋愛に大敵なのです!

このページのカテゴリーは「恋愛の応用法則|男性編」です。
彼女と親しくなって二人きりでデートに出かけるようになると、「友達以上・恋人未満」の関係といえます。
そんな相手の女性の心をガッチリととらえ、今まで以上に距離と縮めて恋人になるにはどのような方法でアプローチすればよいのでしょうか?
そこで大事なのは「恋の駆け引き」です。
「友達」から「恋人」に昇格するための恋愛の駆け引きについて考えてみましょう。
関連ページ

男性は女性に「言い訳」させよ!

 「恋愛における女性の言い訳」についてお話をしたいと思います。  この「言い訳」とは、女性が男性にす...

ドキドキの勘違い恋愛効果

 遊園地でデート、実はこれは男女の出会いを恋愛に発展させるために効果的なデートなのです。  恋愛は、...

プレゼントの効果的な渡し方

 言うまでもありませんが、プレゼントは恋愛に効果的です。特に女性は男性からのプレゼントに弱いと言え...

恋愛の誠意としつこさ

「しつこい!」こう女性に言われて凹んだ男性の方、たくさんいるでしょう。 でも、反対に、一度や二度では...