トップ > 恋愛講座初級編 > 敬語、話し方と恋愛

敬語、話し方と恋愛

敬語、話し方と恋愛

普段の会話においても、恋愛に成功する話し方と失敗する話し方の2通りがあります。
今回は恋愛対象が年上の人でも、いつまでも敬語で話していると距離がなかなか縮まりませんよ、という話です。

恋愛を成功させるためには、話し方はとても大切なポイントになります。
話し方には2種類あります。
かわいいと感じられる、親しみやすい話し方と、相手との距離を縮められな話し方です。
同じ意味合いの言葉を使ったとしても、話し方一つで伝わり方が違うことがあります。
例えば敬語を使う、使わないがその代表例です。

例えば恋愛対象相手が年上の場合ですと、普通、最初のうちは相手に敬語を使います。
でも、いつまでも敬語が続くと、なにか上下関係のようなイメージのせいで、二人の距離が縮まらないことがあります。

でも、どんな言葉遣いなら良いのか分からない人もいるでしょう。
そんな人は周りのモテる人をよく観察してみましょう。
敬語で話したり、堅苦しい言葉で話しているのではないでしょう。
明るく普通に話しているはずです。

自然に相手の喜ぶ話し方を実践しているのが、恋愛上手な女性(男性も)です。
敬語で話している場合でも、よそよそしい話し方ではないはずです。
そして、仲良くなると恋愛の相手に敬語を使わなくなっていきます。

なれなれしく話せばいいわけでもありません。
反対に折り目正しい言葉遣いがいつも良いというわけではありません。
そのさじ加減は最初の頃は難しいかもしれません。
でも、徐々に慣れていきましょう。

このページのカテゴリーは「恋愛講座初級編」です。
最初は、好意をもっている異性となかなか親しくなれるきっかけが難しいものです。
片思いで終わってしまう人の多くは、まず最初の「気軽に言葉を交わせるようになる」段階でつまずいてしまう人が多いのではないでしょうか?
まずは好きな相手と言葉を交わすこと、会話すること、これが第一歩です。
その恋愛の第一段階をクリアするための恋愛講座初級編です。
関連ページ

恋愛で大切な名前の呼び方

 男女の恋愛で大切なポイントは「名前の呼び方」です。 初めての出会いから時がたち、お互いに親しい間柄...

恋愛の順序を守ろう

 何事にも順序があるように、恋愛にも順序があります。 「そんなことわかっているよ」と言われそうですが...

恋人との出会いの距離

 ここでは恋人との出会いの距離についてお話したいと思います。  自分が今までに付き合ってきた二人の...

ノンバーバルコミュニケーション

 恋愛には、口に出さない本音の部分が隠れています。 言葉ではなく行動やしぐさで自分の気持ちを相手に...